2018年 7月 21日 (土)

本田望結「滑って踊れる女優になりたい」自然に泣けた「ミタ」

印刷

   大ヒットとなった日本テレビ系ドラマ「家政婦のミタ」で、二女の希衣役を演じた小学1年生の本田望結が生出演した。終始笑顔で役者根性ぶりを披露した。加藤浩次との一問一答――。

お兄ちゃんやお姉ちゃん相手にセリフ練習

   ―すごい反響があったでしょう。

すごい!
「電車とかでも『握手して』とか、『希衣ちゃん、希衣ちゃん』とか呼ばれて、すごく嬉しかった」

   ―泣くシーンが多かったでしょ。大変だった?

「台本を読んでいると、知らない間に泣いていたりしていて…」

   ―アリャー、台本の内容を理解しているんですよ。すごい。おじさんなんかドラマに出ている時、ハッカを目の下に塗るんだよ。本番まで何回も(涙が)出てくるの。

「毎回出てくる」

   ―長いセリフを覚える時は?

「ちゃんと台本読んで、覚えてきたなというところで、お兄ちゃんやお姉ちゃんに相手役をやってもらって覚える」

   ―すごい。おじさん今、ドラマの仕事が入っているんだけどね、どうやったら上手くなれるか教えてもらいたい。

「台本をちゃんと読む。相手のセリフもよく読み、覚える」

4歳からフィギュアスケート

   本田の特技は4歳の時から始めたというフィギュアスケート。今年7月(2011年)に大会があり、家族が撮影した映像が流れたが、ジャンプの連続技など本物だ。

   「すごい」を連発するしかないタジタジの加藤が、「将来どうするの。目標にしている人はいる?」と聞くと、「滑って踊れる女優になりたい。あこがれは松嶋菜々子さん。スケートでは浅田真央ちゃんと村上佳菜子ちゃん」と答えた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中