本田望結「滑って踊れる女優になりたい」自然に泣けた「ミタ」

印刷

   大ヒットとなった日本テレビ系ドラマ「家政婦のミタ」で、二女の希衣役を演じた小学1年生の本田望結が生出演した。終始笑顔で役者根性ぶりを披露した。加藤浩次との一問一答――。

お兄ちゃんやお姉ちゃん相手にセリフ練習

   ―すごい反響があったでしょう。

すごい!
「電車とかでも『握手して』とか、『希衣ちゃん、希衣ちゃん』とか呼ばれて、すごく嬉しかった」

   ―泣くシーンが多かったでしょ。大変だった?

「台本を読んでいると、知らない間に泣いていたりしていて…」

   ―アリャー、台本の内容を理解しているんですよ。すごい。おじさんなんかドラマに出ている時、ハッカを目の下に塗るんだよ。本番まで何回も(涙が)出てくるの。

「毎回出てくる」

   ―長いセリフを覚える時は?

「ちゃんと台本読んで、覚えてきたなというところで、お兄ちゃんやお姉ちゃんに相手役をやってもらって覚える」

   ―すごい。おじさん今、ドラマの仕事が入っているんだけどね、どうやったら上手くなれるか教えてもらいたい。

「台本をちゃんと読む。相手のセリフもよく読み、覚える」

4歳からフィギュアスケート

   本田の特技は4歳の時から始めたというフィギュアスケート。今年7月(2011年)に大会があり、家族が撮影した映像が流れたが、ジャンプの連続技など本物だ。

   「すごい」を連発するしかないタジタジの加藤が、「将来どうするの。目標にしている人はいる?」と聞くと、「滑って踊れる女優になりたい。あこがれは松嶋菜々子さん。スケートでは浅田真央ちゃんと村上佳菜子ちゃん」と答えた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中