冬ドラマ「原作」で見るか、オリジナルの楽しみか

印刷

   この冬のドラマは原作ものとオリジナル脚本がほぼ半々だ。小説や人気漫画のドラマ化は話の展開が分かっていて、それを役者どう演じるかが見どころの一つ。オリジナル脚本はストーリーがどう展開していくのかの楽しみがある。昨年のヒットドラマでいえば、「家政婦のミタ」や「マルモのおきて」はオリジナル脚本、「JIN-仁-」は原作漫画があった。さて、冬ドラマはどっちに期待できるか。

宮部みゆき、山崎豊子…一級の作家たちのドラマ

【原作ドラマ】

★「ステップファザー・ステップ」(TBS系月曜よる8時)

   原作=宮部みゆき。ケチな盗みはやらないプライドの高い盗賊「俺」(上川隆也)が、不思議な体験をきっかけに、親に捨てられた双子の父親代わりに…。ストーリー展開の巧みさでは定評のある宮部作品だけに、ホームコメディーの中にもミステリーの面白さがいっぱい。

★「ストロベリーナイト(フジテレビ系火曜よる9時)

   原作=誉田哲也。累計150万部を超える姫川玲子シリーズの「シンメトリー」「感染遊戯」「ソウルケイジ」などをベースにドラマ構成する。叩き上げの刑事・姫川(竹内結子)は警視庁捜査一課殺人捜査十係の班長で、縦に真っ二つにされた死体など奇怪な事件の捜査に当たる。

★「本日は大安なり」(NHK火曜よる10時55分)

   原作=辻村深月。大手ホテルのウエディング担当の山井多香子(優香)は、結婚を邪魔しようとする脅迫電話や披露宴に最中に新婦を入れ替わろうという双子姉妹が現れたりと、もう毎日てんてこ舞い。先輩役に浅野ゆう子、支配人に石黒賢らがからむドタバタコメディー。

★「ダーティー・ママ」(日本テレビ系水曜よる10時)

   原作=秦建日子。麻布南署刑事課強行盗犯係の丸岡高子(永作博美)は、シングルマザーの凄腕刑事だ。事件現場にベビーカーを押しながら現れ、1歳の息子と警察署内に寝泊りしている。新米刑事の長嶋葵(香里奈)は戸惑うことばかりだ。

★「聖なる怪物たち」(テレビ朝日系木曜よる9時)

   原作=河原れん。大学病院のエリートコースから飛ばされてきた若手外科医・司馬健吾(岡田将男)は医者としての使命感にあふれていた。そんな司馬の活躍で暴かれる医師、看護婦、教育者など「聖職者」たちの打算やウソ。

★「運命の人」(TBS系日曜よる9時)

   原作=山崎豊子。1971年から72年にかけての沖縄返還密約事件を題材にしたサスペンス。スクープ記者に本木雅弘、情報をもらす外務省事務官に真木よう子、時の首相に北大路欣也。果たして密約事件の真相にどこまで迫れるか。

脚本家どう料理するか…あり得ない設定だから面白い

【オリジナル脚本】

★「ラッキーセブン」(フジテレビ系月曜よる9時)

   脚本=早船歌江子、野木亜紀子。月9には珍しいアクションシーンの連続。探偵事務所で働く7人が衝突しながらも依頼を解決していく。嵐の松本潤が主演、松本のライバルに瑛太。松嶋菜々子が無表情の家政婦から男勝りの探偵事務所のボスに。

★「タイトロープの女」(NHK火曜よる10時)

   脚本=金子ありさ。父親の死で大阪のワイヤー工場を継ぐことになったピアニストの由梨(池脇千鶴)を待っていたのは、父親の元愛人で後妻の恭子(高岡早紀)だった。2人は激しくぶつかり合いながら、町工場の再建を目指す。

★「ハングリー」(フジテレビ系火曜よる10時)

   脚本=大森美香。バンドメンバーたちが仲間の母親が経営していたフランス料理店を乗っ取った実業家と対決! バンドのベーシストに向井理、実業家に稲垣吾郎。恋と料理と音楽のラブコメディー。

★「最高の人生の終わり方」(TBS系木曜よる9時)

   脚本=渡辺千穂。家業の葬儀屋を継いだ伊原屋5代目(山下智久)が、人の死と残された人々の思いに接して成長していく姿を描く。「ありがとうございました」がこのドラマのメッセージ。

★「最後から二番目の恋」(フジテレビ系木曜よる10時)

   脚本=岡田恵和。中井貴一と小泉今日子の大人のラブストーリー。45歳の独身女性と50歳の男やもめが鎌倉で出会ったばっかりに…。大げさな出来事も派手な恋愛模様も登場しないが、どこででも誰にでも起こりそうな元気で明るい恋物語だ。

★「恋愛ニート」(TBS系金曜よる10時)

   脚本=永田優子。両親を早く亡くし、妹と弟を育てるのに精一杯だった木下凛(仲間由紀恵)は、美人だけれど恋愛に臆病で、恋人いない歴8年。そんな彼女が3人の男性に出会い、たちまち愛を告白されるのだが、とにかく恋愛経験が少ないからどう対応していいのか分からない。仲間お得意の軽いコメディー。

★「理想の息子」(日本テレビ系土曜よる9時)

   脚本=野島伸司。有名進学校に通う大地(山田涼介)は、美人の母親(鈴木京香)が悪ガキばかりの高校の学食で働くことになって心配でしかたがない。母親を守るべくとうとう勝手に転校したはいいが、悪ガキのなかに飛び込んだ優等生は悶着ばかり起こし、かえって母親の心配の種は増える。

★「早海さんと呼ばれる日」(フジテレビ系日曜よる9時)

   脚本=大島里美。家事など一切できないお嬢様(松下奈緒)が嫁いだ先には、3人の夫の弟と父親までが同居していた。松下にはまたまた貧乏な家で奮闘して成長していく健気な女房役だ。

テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中