だめんずに引っかかったかわいそうな女?逃亡支えた元オウム信者

印刷

   昨年末(2011年)に出頭したオウム真理教元幹部の男性容疑者を匿っていたとして、元信者の女性が逮捕された。そのVTR前に、「2人の逃亡生活、徐々にわかってきました」と司会のみのもんた。

   番組が弁護士経由で伝えるところの女性容疑者の話では、2人は17年間の逃亡生活をともに過ごしていた。直近の15年間は大阪にいたという。男性容疑者は引っ越し以外では一切外に出なかった一方、女性は仲居、事務員などさまざまな職業についていたそうな。

   出頭前に2人で住んでいたとされるマンションもすでに判明しており、今朝(1月11日)の番組では近所の人などの話がたんまりと聞けた。卒業文集はなかった。

「常連で毎日2つ買っていった」(近所の弁当屋店員)

   女性は近所の弁当屋の常連で、この店の店員は、彼女は毎日のように来店して弁当をふたつ買っていたと言う。12月に入ってから買い方が変わり、弁当ひとつにライスふたつになった。「不思議な人」という印象だった。

みの:2人の逃亡生活

   女性容疑者は整骨院で働いており、客からは「ヘンな感じは全然なかった」「親切で、お年寄りにも好かれていた」「本当に真面目という印象しかない」などの話で、評判が良かったようだという。男性容疑者のほうの目撃談はほとんど聞かれなかったそうな。

   この女性について、番組コメンテイターで資産運用コンサルタントの逢坂ユリは「だめんずに引っかかってしまったかわいそうな女性という感じ。ヒモみたい(の)に17年も貢いで、人生もボロボロで――」と苦笑していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中