沢尻エリカ映画主演「歓声と罵声浴びる彼女しかいない」(蜷川実花監督)

印刷

   女優・沢尻エリカが映画「ヘルタースケルター」で5年ぶりに主演を務めることが1月11日(2012年)、発表された。岡崎京子の漫画作品が原作で、沢尻は全身整形で美貌を手に入れたモデル「りりこ」を演じる。

   監督の蜷川実花はブログで、7、8年前から本作の映画化を熱望していたと語り、「お騒がせ女優」といわれる沢尻の起用については、

「女性の持つ驚く程のか弱さと、図々しいほどのたくましさを持つこの主人公を演じられるのは、歓声と罵声をあび続けた沢尻エリカ以外、今のこの東京では考えられません」

と狙いを明かす。ツイッターでも沢尻に対し、

「今日も撮影!可愛過ぎて吐きそう( ´ ▽ ` )ノおえー」

とつぶやくなど、「エリカ様」にすっかり入れ込んでいる様子だ。

   映画は7月14日公開で、沢尻のほか大森南朋、寺島しのぶ、窪塚洋介、哀川翔、桃井かおりなどが出演する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中