オウム「斎藤明美」出頭の計算―哀れ演じ自分と平田の刑軽減

印刷
「17年間、私は偽名で生活し、仕事をしてきました。そんな偽りの人生を終わります」

   オウム真理教の元幹部・平田信容疑者(46)を17年間かくまい、10日(2012年1月)に出頭した斎藤明美容疑者(49)が弁護士を通じこんなコメントを出した。

   平田の逃亡生活を支え続けた斎藤の健気さについホロリとさせられるようなコメントなのだが、オウムの凶悪犯罪に関与した人物に対する世間の目はそんなに甘くない。番組コメンテーターたちも「罪を何とか軽くしようという意図が見える」と冷ややかだ。

オウム教団の占いで東北に逃避行

   斎藤とはどんな女なのか。オウムに詳しい有田芳生参院議員によると、福島県出身で看護師の資格を取り東京に出てきた。大学病院などで働いていたが、オウム真理教に入り出家、教団の「治療省」で働いていたごく一般の信者だったという。その斎藤が弁護士を通じて次のように17年の逃亡生活を語った。

宮崎:刑事責任逃れ
「平田とは面識があって尊敬していた。平田と教団を出た当時、平田が関与したという事件のことは何ら知らなかった。平田の指名手配は2人が出たあと、たしか(95年)8月でした。その後、福島、宮城、青森、そして仙台と逃げた。仙台では料亭に住み込みで働いていた」

   なぜ東北だったのかについては、教団は当時、逃亡先を占いで決めていたのだという。仙台の住まいは従業員寮で、寮は異性を入れてはいけない決まりだが、当時の関係者によると男性がいたという。

「その後、大阪に行った。大阪では3か所で1年、7年、7年、計15年ぐらい住んだ。生活は、私が仲居、喫茶店員、事務員などの仕事をしていた。私が知る限り、平田は住まいの移動以外は一切外へ出ませんでした」

潜伏作隠し続けると心証悪い

   最後に住んでいたのは東大阪のマンションで、斎藤は近くの整骨院で「吉川祥子」の偽名でマッサージの施術などをしていた。治療を受けた男性は「(マッサージは)吉川先生と言われていたくらいだからうまいもんや。自分からは喋らないが、言うことはちゃんと言う真面目なもんやった」という。弁護士は「もっぱら彼女が稼いでいた。そのお金でつましく遣り繰りしていた状況が見て取れます」と話す。なぜ平田を支え続けたのかについては、「彼女は『平田への尊敬が愛情に変わっていった。内縁関係にあった』と言っている。平田も彼女への淡い気持ちを持っていたから愛情に変わっていったのだと思う」と言う。

   平田は昨年11月末に「出頭を決めた」と斎藤に伝えたという。斎藤は大みそかの日の夕方、東京へ行く平田を見送り、10日経った昨日10日に自らも出頭した。

   では、平田が隠していたのに、なぜ斎藤は出頭を決めたのか。弁護士の若狭勝は「平田が自分のことを話すに話せないのでは、反省していないと思われ、今後よくない。自ら名乗り出た方がよいと判断したのかも」と見る。

何人も死んだ凶悪殺人集団

   しかし、スタジオでは厳しい批判が続出した。評論家の宮崎哲弥は「平田容疑者は自分の刑事責任をできるだけ軽くしようとしている。気になるのは、マンションを借りるのに必要な保証人をどうしていたのか」と納得いかない表情だ。

   キャスターのテリー伊藤「斎藤のコメントは何となく哀れな、同情を買うようなことを言っている。しかし(オウムの犯罪で)何人も死んでいるし人生を狂わされた人もいる」

   批判に2人が応えるには、2人が関与したこと、知っていること全てを供述する以外にない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中