進化するノンアルコール飲料―でも、緑茶入り「ワイン」は残念!

印刷

   若者のアルコール離れが叫ばれて久しいが、「いま、若い世代が本当に飲んでるんです」(岡安弥生リポーター)と言うのが、アルコール飲料テイストのノンアルコール飲料。これまでノンアルコールといえば、ビールテイストが定番だったが、いまどきは、ワインテイストなど、さまざまなジャンルに拡大しているそうな。

苦いブドウジュースみたい

   ワインからブドウジュースになりそうなところ、山梨のワイナリーが贈る赤ワイン風飲料は、緑茶を加えることによって、ワイン独特の渋みを再現しているそうな。

ビール風味飲料いいね

   スタジオ試飲会では、ビール、ワイン、いも焼酎風飲料が登場。ビールは、「だいぶ進化した感じがありますね」(与良正男・毎日新聞論説副委員長)、「おいしい」(吉川美代子TBS解説委員)。いも焼酎は、「香りは焼酎そのもの」(吉川)、「これすごいね。匂いと味が」(海老原嗣生リクルートエージェント フェロー)など、わりと好評。

   しかしワインは、「ブドウジュースみたい。ちょっと苦みはあるが」(吉川)、「さらに進化を望みたい」(与良)など、まだ課題があるようだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中