2018年 7月 23日 (月)

進化するノンアルコール飲料―でも、緑茶入り「ワイン」は残念!

印刷

   若者のアルコール離れが叫ばれて久しいが、「いま、若い世代が本当に飲んでるんです」(岡安弥生リポーター)と言うのが、アルコール飲料テイストのノンアルコール飲料。これまでノンアルコールといえば、ビールテイストが定番だったが、いまどきは、ワインテイストなど、さまざまなジャンルに拡大しているそうな。

苦いブドウジュースみたい

   ワインからブドウジュースになりそうなところ、山梨のワイナリーが贈る赤ワイン風飲料は、緑茶を加えることによって、ワイン独特の渋みを再現しているそうな。

ビール風味飲料いいね

   スタジオ試飲会では、ビール、ワイン、いも焼酎風飲料が登場。ビールは、「だいぶ進化した感じがありますね」(与良正男・毎日新聞論説副委員長)、「おいしい」(吉川美代子TBS解説委員)。いも焼酎は、「香りは焼酎そのもの」(吉川)、「これすごいね。匂いと味が」(海老原嗣生リクルートエージェント フェロー)など、わりと好評。

   しかしワインは、「ブドウジュースみたい。ちょっと苦みはあるが」(吉川)、「さらに進化を望みたい」(与良)など、まだ課題があるようだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中