入試センター試験なんてやめろ!今年は出題・運営ミス過去最大級

印刷

   例年、大雪や出題ミスが話題となるセンター試験だが、週末(2012年1月14、15日)に行われた今年の試験では、問題用紙の配布間違いなどの運営側の基本的なミスが過去最大級に多発したという。

防止のための研修でまたムダ支出

   スタジオではセンター試験や運営組織に厳しい目が向けられ、番組コメンテイターで経済評論家の池田健三郎はセンター試験の廃止をぶちあげた。「文部省が大学入試センターって組織をつくっちゃって、センターを中心に全国に一律にやらせてるが、そのシステムに無理がある。試験なんか、それぞれの大学にやらせらいいじゃないですか」

その通り!

   センター側がミス防止のために研修を強化するなどとしているが、池田に言わせれば、それはそれで余計にカネがかかって不経済だという。

   司会のみのもんたも池田のコメントに大きく頷いては、「その通り。ムダはやめろ、ムダはやめろ」「要らないモノは要らない」と眉をひそめていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中