乾燥注意報34日連続「セルフのガソリン給油怖い」静電気バチッで発火!

印刷

   東京の乾燥注意報がきのう17日(2012年1月) で連続34日となり、3位タイ記録になったという。秩父で山火事が起ったり、野菜が高騰したり、パソコンがぶっ壊れたりということが起きているという。「ひどい場合は電源が入らなくなって動かなくなってしまう」そうで、原因は静電気だ。帯電したままの指でパソコンのUSBポートなど信号接続部分に触れるとショートする可能性があるのだそうだ。

   司会の羽鳥慎一「車でもバチンときますね」

   リポーターの黒宮千香子は「このところ感じない日はないくらいですね」

   東ちづる(タレント)「そんなに帯電してるんですか」

   黒宮「金属に触るとか、水で手を洗うとかすれば大丈夫」

   羽鳥「珠ちゃん大丈夫? USBメモリ」

   赤江珠緒キャスターは「大丈夫ですね」となんとなくおぼつかない。

茨城、群馬、栃木の北関東要注意

   ここで黒宮が「冬期に感じる静電気の回数」という妙な調査(ウエザーニュース)を持ち出した。全国のトップが茨城で、以下は群馬、栃木、千葉、埼玉と関東5県が並ぶ。回数は全国平均が104回に対して、茨城173.3回、 群馬154.2回、千葉151.3回 と続く。トップ3県は北関東だ。

知らなかった

   黒宮は「山を越えてきた風が乾燥して…」なんて解説している。昔からいう「上州名物、 かかあ天下に空っ風」というやつだ。関東出身者なら子どもの時から聞かされているフレーズだが、この日の出演者はみな関西出身か。横浜育ちの羽鳥も知らないらしい。

   黒宮「ちなみに大阪は106.8回で、 全国では25位です」

   羽鳥「違いを感じますか、東京はパチパチするなとか」

   関西のお笑い芸人・宇治原史規は「東京の方がホコリっぽいですね。まあ、乾燥の度合いが全然違いますよね。目がショボショボとか、関東にいる時の方が多いかも」と話す。羽鳥はなおも「関東平野の地形が関係するの」なんていってる。

GS火災の半分以上が静電気

   静電気で一番怖いのは火災だろう。消防庁の調べで、1998年から05年までの間に起ったセルフガソリンスタンドの火災33件のうち、18件(55%)が静電気が原因と聞けば、なるほどと思う。その実験映像というのが衝撃だった。アルミの皿に工業用ガソリンを入れておいて、静電気を帯びた指を近づけると、火花一閃、ボンと発火した。「ウォーッ」とスタジオ。

   羽鳥「そんな大変なことになるとは知らなかった」

   セルフスタンドには、給油の前に「ここに触れてください」と放電板があって、一応それに従ってはいたが、こんなにやばいものだとは思わなかった。

   黒宮「着合わせでも静電気は起る。脱ぐ時に、霧吹きにリンスをいれてシュッと吹くだけでも違います」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中