東日本大震災予測できなかった「地震学の敗北」M9起きない思い込み

印刷

   3・11で衝撃を受けたのは被災者だけではなかった。深刻だったのが地震学会である。なぜ予測できなかったのか―昨年10月(2012年)のシンポジウムは「敗 北宣言」から始まった。

世界トップクラスの観測網も役立てられず

   1960年代、地震学者の目標は前兆をとらえて直前に予知することだった。ところが、阪神淡路大震災では警報を出すことすらできず完敗。国は長期予測に方針を変えた。長谷川昭・東北大名誉教授はこのとき、地震の発生メカニズムの解明にアスペリティ・モデルという仮説を立てた。プレートの境界で滑りにくい部分を指す。ここにひずみがたまって、やがて一気にはじけるのが地震だ。岩手・釜石沖でM5弱を同じ間隔で発するアスペリティを見つけ、データの解析から予測を出した。「2001年11月末までに99%の確率でM4.8」

   予測通り、01年11月13日 に地震が起きた。その後にいくつも見つかったアスペリティを7つの震源域に分け、それぞれの予測を出した。規模は最大でもM8。東北一帯がわかれば全容が解明できると思っていた。

   しかし、3・11はけた違いだった。震源域は南北450キロ、東西150キロと想定震源域6つにまたがり、M9のエネルギーは長谷川が予測したM8の30倍だ。40年にわたる研究も吹っ飛んだ。「M9と知って愕然とした。地震学の実力不足」と落胆する。長谷川がみつけていたアスペリティは過去100年までの記録にある地震だった。それより周期が長い地震は把握できていない。東日本大震災はその知られざる超巨大アスペリティだったと言う。理論の限界である。

   だが、落とし穴はもうひとつあった。研究者の思い込みだ。阪神淡路大震災後にGPSの観測網も整備され、日本の地震学は世界でもトップクラスという自負があった。東北地域で知られている「ゆっくり滑り」という現象も把握していた。ひずみがたまってもゆっくりと解消していく。それが「超巨大地震は起るはずがない」という思い込みにつながった。長谷川は「思考停止というか、きちんと考えてこなかった」という。東大地震研の纐纈一起・教授は「科学としての地震学の限界を感じた」と話す。

埋もれている超巨大地震・大津波の痕跡を探せ!

   一方で、新しい試みが始まっている。古村孝志・東大教授は地質学の岡村真・高知大教授と共同で、津波のシミュレーションに取り組んでいる。岡村教授は過去の巨大地震の痕跡の研究者だ。海沿いの池の津波で堆積した砂や貝殻などを調べている。「堆積物は記録機です。3000年から5000年くらいまでがわかる」という。2人は東海、東南海、南海の3連動地震に取り組んできたが、岡村教授が大分の池で見つけた痕跡を見つけたが、従来の想定震源域では再現できなかった。震源域を九州・日向灘まで伸ばしたらようやく説明がついた。

   高知の池で2000年前の分厚い堆積を見つけた時には腰を抜かした。同じ池の江戸・宝永地震(M8・6)の堆積の4倍もある。とてつもない巨大津波の跡だ。だがシミュレーションには出てこない。そこで、3・11が海溝部で起ったことを思い起こし、あらためて南海トラフでM9を試みたところ、津波の波高は20メートルに達した。2000年前がにわかに現実になった。

   こうした研究はまだ少ない。鷺谷威・名大教授は「地質学の堆積物の研究はまだ20年くらい。2010年にようやく最初の成果がまとまったところで、学際間の連携はまだまだだ。地道な努力を続けていくしかない。一般の人も日本列島に住んでいるという自覚を持っていただきたい」と語る。

   次の地震は必ず来る。いかに予測が困難でも「いずれは来る」と腹をくくれば展望も変わろう。地震学の頼りない現状がわかっただけでもよしとするしかあるまい。誰もこの列島から逃げ出すことはできないのだから。

NHKクローズアップ現代(2012年1月20日放送「予測できなかった超巨大地震~苦悩する地震学者たち~」)

ヤンヤン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中