井上真央「わたしが紅白で『桜ドレス』選んだ理由」

印刷

   2011年「NHK紅白歌合戦」の紅組司会を務めた女優の井上真央が、番組で着た「公募ドレス」について、選んだ理由や思いを20日(2012年1月)のブログで語っている。

   1341通の応募の中から井上が選んだのは、ラインストーンや大きなリボンをあしらった淡いピンク色のドレス。最初は「自分には可愛いすぎて着こなす自信がなかった」そうだが、デザイン画に添えられた「日本を象徴する桜から、早く暖かい春がきてほしいと願う復興への気持ち」というメッセージに強く心を打たれて、桜色のドレスに決めたという。

「この衣装を身にまとい、ユーミンさんの『(みんなの)春よ、来い』を聞いた時、心から春の訪れを願う気持ちになっていました」
「デザインを考えてくださった園田麻衣さん、デザイナーの野田さんとスタッフの皆さまには深く感謝いたします」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中