スーパーボール今年もお騒がせセレブ―ファン憤慨させたモデル妻

印刷

   アメリカ最大のスポーツの祭典「スーパーボール」が終わった。残り1分のタッチダウンでジャイアンツが逆転でペイトリオッツを下すというスリリングな試合を、全米1億1130万人が見た。

   試合の面白さとは別に、お騒がせ女性たちが登場するのもスーパーボール恒例だ。マドンナはハーフタイムショーで試合より多い1億4000万人の視聴者を引きつけた。

負けた夫に耳打ち「最高だったわよ」

   選手の奥さんでお騒がせはペイトリオッツの花形選手トム・ブレディの妻で、スーパーモデルのジゼル・ブンチェン。負けゲーム後の夫の耳元で、「最高の試合だったわ」と囁くところをゴシップサイトのTMZにスクープされ、全世界に公開されてしまった。夫を慰めようとしたのだろうが、最高ではない試合を見せられたファンの怒りをかってしまった。トムは完全にジゼルの尻に敷かれているようだ。

   美人女性キャスターのマリア・メノウノスは、ペイトリオッツが負けたら脱ぐという賭けで見事に負けて、寒風吹きすさぶニューヨークのタイムズスクエアで本当に脱いだ。幸いニューヨークは暖冬で、ビキニ姿でもなんとかこらえた。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中