2018年 7月 17日 (火)

中島知子「自称占い師」実家、にわかに羽振り良くなって抵当抹消

印刷

   トラブル続きのタレント、中島知子と同居していると見られる謎の自称占い師の女性。番組の取材によると、この方が「最近、羽振りがよくなっていた」(赤江珠緒キャスター)ことがわかったそうである。

   番組は大分県某所にある占い師の実家付近で、お決まりの口さがない、いや率直な近所の人の話を聞いて回ったようだ。

去年正月には新品の家具や家電次々運び込み

   それによれば、2010年ごろ、実家の抵当が消えたそうな。「自称占い師の方が事業に失敗して借金をつくり、その際実家が抵当に入ったが、それが外れた。借金が返済されたのではないか」(清水貴之リポーター)

最近…

   また2011年の正月に、占い師が帰省した際、実家に続々と配送がやってきて、家具、家電が次々と新品に替わっていったことも、近所の人の話から明らかになった。占い師が中島と同居をはじめたのは、2009年の4月ごろだそうな。

   こうした情報を受け、カリスマ主婦モデルの前田典子は「中島さんを見てると、占い師の金づるでしかないんじゃないかと思う。はやく目を覚ましてあげたい、なんとかしてあげたいと周りの人は思ってるのでは」とコメントしていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中