メイサ・赤西「芸能界掟破りの事後報告婚」野田義治会長も苦言

印刷

   赤西仁(27)と黒木メイサ(23)の所属事務所への報告は、婚姻届を出した後だった。これにジャニーズの先輩である東山紀之(45)が、スポーツ紙で「ルールを守って生きるべきだ」と苦言を呈した。ルールとは芸能界で生きる上でのルールで、結婚報告の「掟」のことだという。

「2人で直接報告に来るのがルール」

   サンズエンタテインメントの野田義治会長も赤西・黒木にはいささかご立腹だ。「2人で必ず報告してほしい。電話やファクスでなく、必ず対面で」という。 事務所の責任者ならば、相手の性格とか家庭とか、人生プランも聞きたいし、スケジュールの調整を考えると「公表までに2、3週間は必要だ」と話す。広告業界も、人気タレントは事務所だけで解決できないことがあり、根回しは大切で、とくにCMはイメージと関わるだけにやっかいだという。

違約金誰が払うの?

   野田会長は1998年5月、雛形あきこ(当時20歳)に「やられてしまった」。3日前まで知らなかった。「ええっ、という感じ」。若い人の結婚には絶対反対だった。雛形は「それを読んで」いて、もうひとつの「掟」を守っていた。「事務所の担当マネージャーとか上司を味方にしておけ」というものだ。つまり、「事務所のスタッフとタッグを組んで俺をだました。知らなかったのは俺だけ」(野田)だったのだそうだ。だから大事にはならなかった。

経験者・辺見マリ「非常に危険ですね。芸能界やめる覚悟ならいいけど」

   逆に、「掟を守らなかったらどうなるか。40年前に例があった。1972年2月の西郷輝彦と辺見マリだ。スポーツ紙に「都内で電撃挙式 関係者も寝耳に水」とある。いま辺見マリ(61)は「当時は派手なイベントが多かったので、騒がれないでこっそりということだけが先にたって」という。「事務所に相談したら、こういう式は挙げられなかっただろうなと思った」

   このとき、辺見はそのまま引退してしまったからそれでよかったのだが、「後のこと考えると、CMの契約とかあるし非常に危険ですね。やめる覚悟ならいいけど」という。 他の事務所でも「イメージを悪くしたくない」「報道から守れない」とCMへのマイナスを指摘する。女性の場合はとくに「妊娠」が大問題になる。CMでも酒類、ダイエット商品、 激しいダンンスシーンやジェットコースターに乗るシーンとかがあると、「妊婦」はイメージダウン。だから、あるタレントは「結婚」は発表したものの、「妊娠」は関係先と調整して代役が決まるまで数か月間隠したという。

   司会の小倉智昭「ショコタンはどう?」

   中川翔子(タレント)「事務所によると思いますよ」

   笠井信輔アナ「電撃結婚は?」

   中川「人生変わっちゃうと思うと、慎重になります」

   小倉「日本はアメリカと違って契約も緩やかですよね」

   芸能デスクの前田忠明「アメリカはすごいからね。太っても痩せてもいけないとか。日本は常識的、信頼関係で成り立っている」

   小倉「そんなことしたら仕事がなくなるよというプレッシャーでしょ。でもそうなったときの違約金は誰が払うの?」

   前田「事務所でしょ」

   小倉「ショコタン、事務所だって、安心していいよ」

   笠井「事務所はわれわれが苦労していることをタレントはほとんど知らない、といっていた」

   中川「ほとんど知らないと思いますよ」(笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中