ホイットニー葬儀「元夫ボビー・ブラウン来るな」家族が参列拒否

印刷

   ホイットニー・ヒューストンの死で、ショック状態のファンや家族たちの非難を一身に浴びているのが、元夫でR&B歌手ボビー・ブラウンだ。ホイットニーは1992年にブラウンと結婚したが、その後ドラッグとアルコールに溺れるようになり、かつてのような美しい声を失い、ブラウンのDVなど問題が絶えなかった。

DVと薬物で死に追い込んだ張本人

   問題児としてたびたび警察ざたを起こしてきたブラウンが、ホイットニーに与えた影響は決してポジティブなものではなかった。それでもそんな男を愛し、ドラッグに手を出したのはホイットニー自身だったわけで、自己責任だったとも言えるのだが、ファンの間では、ホイットニーを栄光の舞台から転落させ、薬物乱用という悲惨な死に追い込んだ張本人として、ブラウンをやり玉に上げる声が多い。

   元妻の突然の死にステージ上で泣き崩れたというブラウンだが、ホイットニーの家族らはブラウンを葬儀に呼ばないし、一人娘のボビー・クリスティナにも近づけないと言っている。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中