福島原発「内部公開」の厳重注意「地面触れるな」「物落とすな」

印刷

   きのう20日(2012年2月)、福島第1原発が報道陣に公開された。昨年11月 以来だが、政府が「冷温停止」を宣言してからは初めて。この間に何が変わったのか。

   今回もバスに乗ったままだ。記者たちは防護服にマスクで身を固め、発電所内を約4時間回った。免震重要棟から原子炉注水ポンプ、1号機から4号機の前を通る。津波の爪痕はほとんどそのままだ。折れた送電鉄塔、ひっくり返ったトラック、窓ガラスがなくなった建物、ぼろぼろの原子炉建屋…。

依然高い放射線量―3号機は1時間で年間被曝限度の1・5倍

   放射線量は相変わらず高い。1号機で毎時100マイクロシーベルト(μSv/h)、2号機で300μSv/h、3号機はなんと1500μSv/h、4号機は100μSv/hだった。1500μSv/hは1時間で年間被ばく限度の1.5倍になる。

作業は続いている

   取材したフジテレビ経済部の生野公司記者は、「痛みがあるわけじゃない。ただ警報音が鳴り響く。実感がない。わからないものへの恐怖、放射線への恐怖をあらためて実感した」という。

   高台の注水ポンプはトラックだ。ここから黒いパイプが何本も原子炉へ延びる。この冬、凍結でパイプが破裂して汚染水が漏れた。黒いのは断熱材だという。しかし、毎日何百トンという水を送り込んでいるにしては頼りなく見える。

   今回は原子炉建屋を見渡せる高台ではじめてバスを降りた。時間は15分。放射線量が低いところだが、このときの注意が「絶対に地面に触らない。ものを落とさない」だった。ここから4号機の建屋で働く作業員の姿が見えた。水素爆発で骨組みがむき出しだから、5階部分までの人の上がり下りが確認できる。使用済み核燃料の貯蔵庫からの燃料取り出しの準備だが、まだがれきの除去の段階だ。彼らの被曝量はどれくらいになるのかが心配になる。バスで脇を通った時、車内で100μSv/hだから、建屋の中はどれくらいか。この日、発電所全体では3000人が作業中だった。

高橋毅所長「放射性物質まき散らさない状態にもっていきたい」

   高橋毅所長は、「安全な状態にもっていって、放射性物質をまき散らさないよう、安心していただける状態にもっていきたい」と話す。

   司会の小倉智昭「作業は続けられているんですね」

   竹田圭吾(ニューズウィーク日本版編集主幹)「温度計の故障でもわかるように、内部がどうなっているかが把握できていないでしょ。収束に進んでいるという政府の声明はおかしいですよ。その状態で、どうやってこれから作業員を確保していくのかが大きな課題ですよ」

   お仕着せの見学だが、それでももっと原発に詳しい目の効く記者に取材させれば、見えてくるものがあるはずなんだが…。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中