2019年 2月 22日 (金)

さいたま「アパート3人餓死」行政なぜ気づけなかった?

印刷

   埼玉県さいたま市でおととい20日(2012年2月)、60代の夫婦と30代の息子が遺体で見つかった。死後2か月ほどと見られ、一部はミイラ化していた。室内に食べ物はなく、現金も数円という状況から餓死したと見られる。

昨年暮れに妻が近所に「お金貸してください」

   3人が死んでいた部屋は3階建てアパートの1階。夫婦は6畳間、息子は4畳半でそれぞれ布団に入った状態だった。家賃は半年前から滞納しており、公共料金も滞納で、電気・ガスは止められていた。水道だけは止まっておらず、枕元にペットボトルを置いて最後は水だけで過ごしていたと見られる。

周囲だってまさか…

   父と息子は建築関係で働いていたらしいが、アパートの家主らによると、父親が体調を悪くして働けなかったという。昨年12月半ばに、妻と見られる女性が近くの家を「お金を貸して」と訪れていた。初対面だったので「民生委員に相談したら」と断ると、「いいです」と立ち去ったという。水道料金も滞納していたが、「夫が入院している」というので水道は止めず、「福祉課に連絡しなさい」とすすめたという。しかし、一家は何もしなかったらしい。30代の息子がいながらなぜなのか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中