「福島原発民間事故調」割れた菅首相評価―頼りになったが混乱の原因

印刷

   福島第1原発事故を民間の有識者が調べた「独立検証委員会」の報告書がきのう27日(2012年2月)に発表された。内容は多岐にわたるが、「とくダネ!」は菅直人首相(当時)の不手際を強調して取り上げた。

   報告書は関係者からの聞き取りで、すでに断片的に伝えられた内容が多いが、東京電力幹部は聴取に応じなかった。このためか、報道によっては、東電の自覚のなさを強調するなど印象はかなり違ったものになった。

東京電力首脳・関係者は聴取拒否

   毎日新聞と産経新聞は1面で取り上げ、毎日は「官邸の初動、混乱要因に」とし、菅の行動力は評価する一方で、強い自己主張にひきずられたと書いた。産経は「官邸 稚拙で泥縄」とし、菅や官邸中枢が現場に無用の混乱を招いた「人災」と決定づけた。

もっと酷いことに…

   菅の発言がさまざまに出てくる。いずれもすでに知られていることばかりだが、たとえば福島原発へ乗り込んだ時、枝野官房長官が「絶対にあとから政治的な批判をされる」と反対したのに対して、菅は「あとからの批判とこの時点で原発をコントロールすることとどっちが大事なんだ」と言う。現地で東電の武藤栄・副社長とのやり取りでは、「なぜベントをやらない」「電源がないため弁が開けられない」「そんな言い訳を聞くために来たんじゃない」と怒鳴りちらした。原発が爆発したとき、原子力安全委の班目春樹委員長に「爆発しないって言ったじゃないですか」と迫り、班目は「あー」というだけだったなどなど。

原発事故対応の指揮命令系統―法律も想定もなし

   報告書は産経は1面のほか4ページにわたって展開しているが、朝日新聞は5面に3段の記事1本だけで、 東電の怠慢や規制のあり方が主。菅の話はまったく出ていない。

   司会の小倉智昭「東電が原発から撤退したいというのを菅さんが一喝して、それがなかったらどうなっていたかということもある。原発事故の指揮命令系統は法律で決まっていたわけじゃないので、後になればいろいろ出てはきます よね」

   竹田圭吾(ニューズウィーク日本版編集主幹)「人災ではなくて、システムに問題があったと考えないといけない。例に挙げたやり取りも、言ってることは菅さんの方が筋が通っている。菅さんがリーダーシップを発揮してなかったらもっとひどいことになっていた。 だからこれを『暴走』とか『人災』とかいうのはバランスを欠く報道だ」

   小倉「有事の際の指揮命令系統についての法案も出ていたが、小泉さんの郵政解散で飛んじゃって、そのまま。また何かあると困りますよね」

   本当のリーダーシップは、何もないところでこそ発揮されるものだろうが、そんなスーパー マンは見当たらない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中