民家に闘牛侵入!腹刺されておじいちゃん大ケガ―日本のどこの話?

印刷

   民家に侵入してきた牛に、角で腹を刺されて男性が重傷――とのニュースに、スタジオでは「エー!?」とオドロキの声があがった。情報ワイドで人を襲う動物として知られているのは、スズメバチ、カラス、サル、サメなどで、民家を襲うのはクマぐらいである。牛というのはかなりめずらしい。

   なんでも鹿児島県の徳之島で、綱を付けられて人とともに散歩中の闘牛が、道路を走ってきたバイクの音に驚いて一人(一頭)で走り出した。のちに1.5キロ離れた民家の庭に入り込んだが、そこでは男性が3人の孫と遊んでいた。男性は体重500キロの牛の前に立ちはだかり、捕まえようとしたが、ケガをしたようだ。

鹿児島・徳之島では500頭飼育

   しかし、なぜ闘牛が散歩していたのか。VTRのナレーターもこの点が気になったのか、かなり声を張り上げ、この疑問を投げかけた。番組によれば、徳之島は年に20もの闘牛大会が行われるほど闘牛が盛んで、500頭の闘牛が飼育されているという。闘牛の「散歩」は、闘牛トレーニングの一環として行われる運動なんだそうで、この島ではとくに珍らしい光景でもないという。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中