古村比呂「お世話になった子宮にさよならします」

印刷

   女優の古村比呂が3月13日(2012年)のブログで、「広汎子宮全摘手術」を受けることを報告した。子宮、卵巣、子宮を支えるじん帯、リンパ節など子宮を中心にその周りにあるものも一緒に摘出する大きな手術だ。

   今年に入り「子宮頸部(けいぶ)上皮内がん」がわかった古村は2月に手術を受けていたが、組織検査の結果一部に浸潤がんが見つかり、全摘手術を受けることになった。

「子宮には 大変お世話になりました。何よりも命を授かり 私は 三人の素敵な子どもを授かりました。本当に しあわせ者です。地球のどこかで…日本のどこかで…繋がれてゆく命…尊いものです。大変お世話になった子宮に 今日『さよなら』します。改めて 子宮さん お疲れさま そして ありがとう♪」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中