ネズミにミルク取り上げられた気弱な猫―あきらめて退散

印刷

   この世の動物には、それぞれのイメージがある。ライオンは百獣の王だし、ナマケモノは怠け者といった具合。そして「猫」という動物は古来、ネズミを捕まえるものだとされきた。だがそれは本当だろうか。動画サイトのYouTube(ユーチューブ)で動物の生態を観察すれば、そうした固定観念は往々にして再考を迫られる。

はじめは仲良く飲んでいたのに…

   「Rat Thief (Rat steals milk from cat) 」という動画には、「泥棒ネズミ」にミルクを取り上げられるという体たらくの猫が登場する。この動画、公開からわずか1週間で約300万回再生された大ヒット作だ。

   家の中の床に置かれたミルクの皿を左手の猫、右手のネズミがお互い皿に頭をつっこんで仲良くなめているように見えたが、次にネズミが前足でお皿を引きよせた。当然、猫はミルクが飲めなくなり、しばし黙考する様子だったが、しばらくしてまた皿に近づき、ミルクを飲みはじめる。しかしネズミはふたたび、みたびと皿を移動させて妨害。しまいに猫はあきらめて(?)立ち去ってしまった。

   動画の視聴者からは、なんでこの猫はネズミからこのような屈辱を受けて何もしないのだといぶかる声や、アニメの「トムとジェリー」を思わせる、勝つのはいつも(ネズミの)ジェリーである、ジェリーは現実でも勝つんだといったコメントが寄せられていた。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中