2018年 7月 21日 (土)

スカイツリーあやかり商売―相撲協会も「よし、乗った!」で634円チケット

印刷

   個人予約が22日(2012年3月)にスタートし、東京スカイツリー周辺はオープン秒読みに入った。予約を受け付ける東京・足立区の東武トラベルの店には、午前10時の開店前から長い行列ができ、インターネットでの予約はこの日だけで1万6524件もあった。

新潟県弥彦村は「634メートルで村おこし」

   スカイツリーのオープンにあやかろうという商売も忙しい。商店街が考えたのがスカイツリーの高さ634メートルをもじった「ムサシ」。メガネ店はメガネを新タワー記念超特価6340円を売り出し、レンタル自転車店は5時間634円、貴金属店はスカイツリーをあしらった記念の純金製小判を173グラム163万4000円で63枚限定販売している。

いろいろ考えてる

   東京・港区のホテル内レストランは高さ63.4センチのジャンボスカイパフェを1634円で売っている。日本相撲協会も両国国技館で行われる大相撲5月場所で、2階イスB席のチケットを通常4700円のところを634円に値下げ、約2000枚販売するという。

   あやかり組の極め付きは新潟県弥彦村。弥彦山がスカイツリーと同じ標高634メートルだというので、あやかり村おこしを始めた。頂上からはスカイツリーとは違った、夏には緑一色のコシヒカリの田圃が眺望できると宣伝していて、5月28、29日には浅草で特産品を販売する。

足元商店街の地価も値上がり

   それやこれやで、22日発表された公示地価にも変化が現われた。スカイツリーの足元、東武伊勢崎線「押上駅」周辺は、1平方メートル当たり66万1000円と前年比3%値上がりしたが、国交省は「土産物店や喫茶店など新規店舗が増えたことが評価された」と分析している。

   司会のみのもんたが「634メートルのムサシ、びっくり村おこし。いろいろ考えているねえ」

   3月28日までの1回目の予約受付けの抽選結果は30日。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中