2018年 7月 18日 (水)

東京スカイツリー「ソラマチ」―312店舗が入居する「新・下町流」

印刷

   5月22日(2012年)に東京スカイツリーの開業が迫り、これまでは高さやチケットの高さや、よく見える場所、チケット入手の困難さといったことがしばしばこの番組でも話題になっていたが、最近はツリーを取り囲んで作られた商業施設「東京ソラマチ」の話題も増えてきた。

都内最大級の商業施設

   ソラマチはツリーに負けず劣らずビッグで、都内最大級の312店舗が入るらしいが、昨日(3月26日)、全容が明かされた。コンセプトは「新・下町流」で、下町風を意識した内装の区画や下町情緒を演出したお店も入ってるそうな。

高所恐怖症でも大丈夫

   「ツリーに上るのは(申し込み制で)先になるかもしれないが、下はすぐ行ける」「高所恐怖症の我々も、この部分は積極的に参加していきたい」と羽鳥慎一キャスター。ツリーよりもこちらに興味がわいているようであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中