佐藤隆太「冴えないけど熱い妄想男」ピタリ!拾いものだった深夜ドラマ

印刷

妄想捜査~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活~(テレビ朝日系3月18 日深夜11時時15分)>佐藤隆太演じる三流大学のさえない準教授・桑潟が、持ち前の「妄想力」を駆使して学内で起こる不可解な事件を解決していくというコメディだ。冬シーズンの9時、10時台のドラマは、全体的に地味なものが多かったが(地味ではあるが良いドラマも意外にあった)、深夜ドラマは意外な人が出演していたり内容的にもバラエティに富んでいるものが多く楽しめた。

1時間の長尺飽きさせないテンポのよさ

   桑潟は妄想が激しく非常に面倒くさい男である。最終回では、大型の未確認生物が校内に出没したという噂が流れ、実際に桑潟も遭遇する。そんな中、幼馴染みで初恋相手の千佳(原沙知絵)と再会し、恋心を再燃させた桑潟が、彼女が同じ大学教員の植松と結婚するらしいと勘違いして、嫉妬から植松をリストラに追い込まれるよう仕向ける。千佳は自分に振り向いてくれるはずだと勝手な妄想をしているあたり、かなり冴えなくて気持ちの悪い男だが、あまりに自分に正直で憎めない。

   佐藤隆太はこういう、ちょっと冴えないけど熱い男の役が本当に似合うなぁ。脇役でこそ輝く役者なのではないだろうか。推理力に長け、桑潟を手助けする女子大生・神野役を演じる桜庭ななみも、クールな役が似合っていた。

   1時間ドラマだったので、深夜に見るには少々長い気もしたが、セリフの掛け合いのテンポが良く、気楽に脱力しながら見られるドラマだった。春シーズンも幅広いタイプの深夜ドラマがあると良いなぁ。

(てらっち)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中