南海トラフ最悪想定―M9地震後2分で35メートル津波

印刷

   内閣府が設置した「南海トラフの巨大地震モデル検討会」の第1次報告想像以上の被害だった。井上貴博リポーターによると、「被害は10県153市町村に及び、いずれも震度7以上の地震が起こり20メートル以上の津波に襲われる可能性が高いとしています」という。

「揺れてるうちに逃げないと間に合わない」

   井上「東日本大震災の教訓を踏まえて、内閣府はそれまでの駿河湾から高知県沖にかけての約6万平方キロとしていた震源域を、東は富士川河口断層帯から西は日向灘南西部までの約11万平方キロに拡大し、地震の規模もマグニチュード9クラスを想定しました」

シェルター作れ

   検討会座長の阿部勝征・東大名誉教授は「津波は2、3分で到達するので、揺れている間に避難しないと間に合わない」という。最大34.4メートルの津波が予想される高知県黒潮町の住民は、「間に合わない。この町は高台が少ないので、どこに逃げればいいのか分からない」と不安な表情を浮かべる。

「中電・浜岡原発」改修防波堤でも防げない21メートル超

   米田やすみリポーター「一番心配されるのが中部電力の浜岡原発です。現在は稼働を停止して、高さ10メートルの防波堤を18メートルにする工事が行われていますが、21メートル超の津波が押し寄せてくるとされています」

   司会のみのもんたは「津波は自然現象。いつ、どれほどの規模で来るのか分かりません。防波堤を高くしても限界があるでしょう。それよりも、家庭やビルの地下に空気が取り込めるような設備の付いたシェルターを作って、いざというときにはすぐに逃げ込めるようにする。その費用は電力会社が持つべきです」と主張する。海中に潜って津波をやり過ごせっということか。ちょっと無理がありそうだけれどなあ…。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中