「恐妻家だから家庭円満・仕事順調」阿部祐二レポーターがハウツー本出版

印刷

   こわもてのイメージがあるレポーターの阿部祐二が、実は恐妻家だったことがこのほど出した本でわかった。タイトルが「『恐妻家』が成功する22の法則」(講談社 1365円)。 本の帯には「妻の強さは、ときとして人生の糧になる」とある。何のこっちゃ?

妻の誕生日イベントは4日間

   「阿部さんが本を出しました」とキャスターのテリー伊藤が紹介した。が、阿部に向かって「これを読むと、誰が成功するの?」

奥さんの力
阿部「リポーターを天職と思っているが、それができるのは…」

   テリー「奥さんの力だというわけね。では…」と、22の法則から4つを抜き出して阿部に解説をうながした。

★「女性にとって誕生日とは、歳をとることではなく、イベントである(妻と娘は前後2週間イベント)」
テリー「やってるってこと?」
阿部「仕事でボクがいなかったらと、1週間前から誕生日イベントをやっておく。去年は4回やった。4回ケーキを買った」
★「妻の料理には調味料でさえ関心をもて」
阿部「きょうも納豆ご飯食べて来たが、ご飯の炊き具合から褒める。娘もしっかりしていて、カレーでも『レストランよりおいしい』とか」
司会の加藤浩次「毎日ですか」
阿部「はい」

「家族の序列は女帝(妻)>娘>愛犬>僕。それでいいんです」

   テリーが加藤を指差して、「阿部さんの爪の垢でも煎じて飲まないと」。加藤は黙って笑うしかない。

★「ペットに序列を越されても、笑顔で見守ってこそ家族愛」
阿部「序列見て下さい。女帝(妻)>娘>愛犬>僕なんです。それでもありがたいと思って生活しています」
加藤「犬ってわかるんですよね。家の中での序列」
阿部「最後に寄ってくるのは、ボクです」
★「男が家事の分担から解放されるためには、まず妻に楽をさせること」
テリー「これはどういうこと?」
阿部「(妻は)料理が好きなんですが、食器洗いが嫌いで、ボクがやってた。と、『大変でしょ、食器洗い機を買いましょ』となる」

   テリーも加藤も、おおたわ史絵(医師)も本村健太郎(弁護士)も唖然。おおたわは可哀想なという表情だが、テリーが「奥さんを愛してますねえ」と言うと、阿部は恥ずかし気もなく「感謝してます」。そうでなくっちゃこんな本は書けまい。

   アナウンサーの葉山エレーヌが「さりげなく阿部さんの後ろに…」と指したのが阿部夫人の大きな顔。ちょっとにらんでいるようで、テリーが「きょうもうまくしゃべらないと怒られるよ」

   阿部はまんざらでもなさそう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中