「金正恩」第1書記と総書記どこが違うの?金正日の称号は永久欠番

印刷

   北朝鮮の最高指導者、金正恩の肩書は「総書記」ではなく「第1書記」だった。総書記は父親の故金正日の称号として、プロ野球でいう「永久欠番」となる。きのう11日(2012年4月)に開かれた朝鮮労働党代表者会で決まった。司会のみのもんたがゲストのコリア・レポート編集長の辺真一に聞く。「総書記と第1書記とどう違うのですか」

国防委員長兼任で「3冠王」だけど、なんと彼には「資格なかった!」

   辺編集長は「基本的には(総書記も第1書記)同じ意味です。名称を変えただけ。金日成主席を永遠の主席として、金正日が主席とならなかったのと同じですね」とみる。総書記でなくても、党のトップであることには変わりない。多くの人が総書記就任と見ていただけに、予想外との声もあったが、第1書記は旧ソ連のフルシチョフがそうだったように、東ヨーロッパの共産党ではトップの肩書としているところが少なくない。あえて、父親と同じ肩書を使わず忠孝を尽くしたとの見方もある。

どう違う?

   これで、軍の最高司令官である金正恩は党のトップも占めたことになるが、北朝鮮の「3冠王」になるには、もうひとつ、国家の最高指導者である国防委員長のポストが必要だ。ゲストの軍事ジャーナリストの恵谷治は「国防委員長は国家を代表する立場。外国の要人と会うには欠かせない肩書だ」という。金正日が小泉純一郎元首相と会った時も国防委員長としてだった。

   しかし、辺によれば、これには問題があるという。国防委員長は13日の最高人民会議(国会に相当)で決まるが、金正恩は代議員(国会議員に相当)ではないので、本来会議に出席する資格もない。代議員でもないのに就任するとすれば、超法規的な措置が必要になる。金正日は死の直前に、金正恩を1年以内に指導者に就けるよう遺訓で指示しているが、果たして「3冠王」になれるかどうか。

「遺訓統治」で拉致問題と過去の清算がセット

   遺訓では、このほか、軍を優先する先軍政治を継承し、核・ミサイル・生物化学兵器の開発を絶え間なく続けることや、アメリカとは核保有国として堂々と向き合うことを求めている。日本との関係では、過去の清算と拉致問題を同時に解決する戦略を立てるべきとの方針を示している。

   後継者・金正恩は今回の衛星と称するミサイル発射後は核実験を準備しているとの観測もある。当分の間、北朝鮮情勢から目が離せない。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中