日本の警戒システム沈黙!北朝鮮の失敗笑えないトラブル

印刷

   北朝鮮が衛星と称し準備してきた長距離弾道ミサイルが13日朝(2012年4月)に発射されたが、1分以上飛行したあと粉々に砕け失敗に終わった。この失敗を北朝鮮がどう説明するか興味が、気になったのは日本政府の発射情報の遅れ。警戒システムの「Jアラート」は肝心な時に鳴らずじまいだった。

「田中防衛相」ニュース速報20分後に「何らかの飛翔体が…」

   韓国政府関係者の情報として、発射のニュース速報が飛び込んできたのは午前8時3分。8時14分には韓国国防省による発射確認の第2報が入った。この時は「発射時間は午前7時39分で、発射が成功したかどうか確認中」というものだった。この時点で日本の首相官邸は「ミサイル発射について一部報道があるが、日本政府として発射は確認していない」だった。8時23分になって、ようやく田中防衛相が「何らかの飛翔体が発射されたとの情報を得ております。飛翔体は1分以上飛行し洋上に落下した模様であります。わが国の領域への影響はありません」と発表した。

欠陥では…

   上空を通過すると見られていた午前7時50分ごろの沖縄・石垣島はどんな状況だったのか。Jアラートは1度も鳴らず、ミサイル発射の情報は住民には伝わらず、町は平穏そのものだった。

巨額イージス艦も航跡探知できず

   司会の赤江珠緒が「韓国と日本では情報のズレが相当ありました。致し方なかったのですか」とゲスト出演した軍事アナリストの小川和久に聞く。

「なにが原因か分からないが、アメリカの早期警戒衛星が探知したら在日米軍司令部に情報が入り、防衛省経由で官邸に入ってくる。当然、ミサイル発射を受けて『Jアラート』が鳴らなければいけないのに鳴らなかった。北朝鮮の失敗を笑えないようなトラブルがあった可能性もあり、気がかりです」

   司会の羽鳥慎一「防衛システムに欠陥では…」

   小川「日米のデータリンクはすごい。リアルタイムで情報を共有する仕組みになっている。今回は日本側に何かがありますね」

   巨費を投じたイージス艦も発射されたミサイルの航跡を探知できなかったという情報もある。野田首相が「万一に備えて万全の態勢を取る」と語り、過剰反応と韓国メディアから指摘されるほどの厳戒態勢を取ってきたにもかわらずこの有り様である。お粗末な日本の防衛システムをさらけ出した形になった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中