茨城でニシキヘビに喰われた!?元ペットショップの体長6・5メートル

印刷

   茨城県の元ペットショップ店で男性が死んでいるのが見かった。檻から出た体長6.5メートルの巨大アミメニシキヘビが近くにおり、男性は飼い蛇に襲われて死亡した可能性が高いという。

頭や腕噛まれ巨体巻き付き窒息死

   この殺害(?)現場では、かつて被害者の長男がペットショップを経営していたが、1年ほど前に閉店。被害者が残った蛇の面倒を見ていたという。遺体の頭や腕には蛇に噛まれたような傷があったが、この蛇は毒は持っていないという。ただし、噛むのは挨拶代わりに過ぎないようだ。

   「蛇はまず噛んでから、即座に巻きます。その動作というが一瞬なんです」(爬虫類専門ペットショップ店長)とのことで、強烈に締め付けてくるんだとか。「このサイズの蛇に巻かれますと、窒息死が考えられます」(同店長)

   なお、被害者の死因についてはまだわかっておらず、警察は司法解剖して調べるという。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中