中居正広「ATARU」初回20%目前の人気―春ドラマはジャニーズ系四つ巴

印刷

   春ドラマが次々とスタートした。おおむね好調な滑り出しで、なかでも中居正広が8年ぶり主演の「ATARU」(TBS系日曜よる9時)は初回の視聴率19・9%と、20%の大台寸前の注目度だった。相葉雅紀主演の「三毛猫ホームズの推理」(日本テレビ系土曜よる9時)も15・9%と合格点だった。

   草彅剛の「37歳で医者になった僕」(フジテレビ系火曜よる10時)は13・2%、よる11時台という時間帯にもかかわらず、長澤まゆみ主演「都市伝説の女」(テレビ朝日系金曜よる11時15分)も10・3%とふたケタを確保した。低調なのはオダギリジョーの「家族のうた」(フジテレビ系日曜よる9時)で6・1%となんともさみしい。完全に「ATARU」に食われてしまった格好だ。

   きょう15日(2012年4月)からは大野智主演の「鍵のかかった部屋」(フジテレビ系よる9時)も始まる。どうやら春ドラマはジャニーズ系が四つ巴の視聴率競争になりそうだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中