福島中央テレビ「原発1号機爆発」映像で日本記者クラブ特別賞

印刷

   日本記者クラブは今年度から新設された「特別賞」を福島中央テレビ報道制作室と石巻日日新聞社に送ることを決めた。福島中央テレビは福島原発1号機が昨年3月12日(2011年)に水素爆発を起こした瞬間を中継放送した。原発から30キロ以上離れた丘の上に設置された超望遠カメラは、突然白い煙が立ち上り、建て屋上部が粉々に吹き飛ぶ様子をとらえていた。このとき、政府や東電は爆発を把握できず、報道陣から「福島中央の映像に映っているぞ」追及されて大慌てとなった。石巻日日新聞は津波で社屋が被災したが、手書きで新聞を出し続けた。

   日本記者クラブは新聞、通信、放送などのメディアで構成されている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中