「音響3D時代」天井にもスピーカー付けて音が立体的に移動

印刷

   「SANKEI EXPRESS」の記事をもとに番組が伝えるところでは、映画用の録音・音響システムで知られる「ドルビー」ことドルビー・ラボラトリーズ社が、「ドルビー・アトモス」なる画期的な新規格を発表したそうである。これまでもドルビー・サラウンドは広がり感のあるサラウンドを提供していたが、前から後ろ、右から左など、あくまで水平の音の移動しかできなかった。

   ところが、新システムは64個のスピーカーを天井などにも設置することで、音が上下左右、立体的に移動する。たとえば、これまで飛行機が着陸するときの音は、後ろから前だったが、斜め上から下へと聞こえてくるかもしれないらしい。

ドルビー・ラボラトリーズ社製200~250万円

どうやって天井に…

   このシステム、導入のお値段は200~250万円とお手頃(?)であるため、名だたるAVマニアである小倉智昭キャスターは、家庭用アトモスが発売された場合にそなえ、早くも意欲をかきたてていた。「私は考えてます。どうやって天井にスピーカーつけようかと」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中