会社がやめさせてくれない!出社やめたら損害賠償請求2000万円

印刷

   就職戦線の厳しい中、労働者の支援窓口に「会社をやめたくてもやめさせてくれない」という奇妙な相談が増えている。「辞表を拒否された」「損害賠償を払えと脅された」「あきらめて働き続けている」…。多くは20~30代の正社員だ。何が起こっているのか。

   民法627条は「雇用は解約申し入れから2週間で終了する」としている。会社は申し入れを拒否できない。ところが、東京都の相談窓口でこの種の相談が数年で4割増えて昨年は668件になった。NPO法人「労働相談センター」も2年で3倍になったという。実態はこういうことだ。

やっと送られてきた離職票には「懲戒解雇」

★福岡の佐藤さん(仮名)は1か月前、IT企業に退職届を出した。3年前に仕事のミスで会社が損失を出した。以来、その補填に給料の3分の2を天引きされ3年間で600万円。 親から借金して暮らしてきたが限界だった。社長は「退社は認めない」といったが、佐藤さんは2週間後に出社をやめた。

   すると会社は、失業保険の給付手続きに必要な「離職票」を出さない。会社はやめた翌日から10日以内に出す義務がある。それが20日を過ぎても出ない。ようやく離職票が来たが、退職理由が「懲戒解雇」になっていた。再就職に影響する。明らかに嫌がらせ。「頭を下げて戻ってくると思っているんでしょう」と佐藤さん。

★過労で体をこわした栄養士は、給食をつくらないとという義務感でやめられないでいる。代わりがいないのだ。

★20代の女性は辞表をびりびりと破られ、「バカ」といわれた。

★男性。「自己退職は認めない。懲戒解雇にして業界で活動できないようにしてやる」と脅された。

★女性看護師。上司から「やめられると私の管理責任になる」と引き止められた。

★20代の番組制作会社員。「給与カットを認めるよう誓約書を書け。でないとやめさせない」

★30代の男性。上司への恩義と再就職への不安で言い出せずにいる。「追い詰められて逃げ場がない感じ」という。

★30代の男性は8年勤めたIT企業を退職した。課長職で深夜まで働いたが業績が上がらず、過労で倒れた。それでも社長は「退社は認めん」と部屋に缶詰め。鬱状態との診断書をとって出社をやめた。4か月後、訴状が届いた。2000万円の損害賠償請求だった。理由は「課長になった5年前からの売り上げの落ち込みと、ノルマの達成や管理業務を怠った」というもので、仕事をカバーした管理職の給料分まで請求していた。弁護士は「業績の低下は経営の責任。社員に押し付けるのは不当だ」という。京都地裁は会社の請求を退け、逆に未払い賃金1000万円を払えとの判決を出した。来月(2012年5月)控訴審の判決がある。

「退職拒否」目立つIT、不動産、建設業界

   なぜこんなことになるのか。特定社会保険労務士の篠塚祐二さんは「長期化する景気低迷で企業がゆとりを失っている。都合のいい労働者、低賃金で真面目に働く労働者にやめられると損失だから、阻止する。会社の奴隷です」という。

   「労働相談センター」は「いびつな労働関係はリーマンショック以後、広がっている」という。IT、 不動産、建設業界に目立ち、いちばん多いのが損害賠償の脅しだそうだ。日本労働弁護団の宮里邦雄会長は「故意や重大な過失以外で、法的に責任追及はできない。損害賠償で訴えるのは稀だ。訴訟になっても勝ちます。相談には『やめても大丈夫』と言っている」という。また、「懲戒解雇」も撤回できる。「争えば撤回させられる。争う気になるかどうかです」と話す。

   いかに経営が苦しいとはいえ、弱い立場の労働者にしわよせがいくのは本末転倒だろう。宮里氏は「コンプライアンス」といった。社員が「やめたい」と思う会社とは何なのか。日本社会のナベの底をのぞいた思いだ。

ヤンヤン

NHKクローズアップ現代(2012年4月26日放送「やめさせてくれない~急増する退職トラブル」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中