「とくダネ!」は原発再稼働急げ派「電力不足。地元経済困る」

印刷

   事件事故の多かったゴールデンウィークが終わり、けさ7日(2012年5月)の「とくダネ!」はひょうや竜巻、雷など異常な気象と災害の報道に時間を割いて、北海道電力・泊原発3号機が止まって国内の原発が全部停止したというニュースはわりとひっそりと伝えられた。出演者からは、夏の電力不足や再稼働問題について、どちらかといえば産業経済(新聞)的なコメントが聞かれた。

「短期的な問題と将来的な問題を分けて議論」

   「需給についての議論はあるが、この夏に限っていえば、ニッポン全体で足りないことは事実。短期的な問題と将来的な問題を分けて、冷静な議論をきちんとしていきたいと思いますね」(夏野剛・慶応大学特別招聘教授)

依存地域のことも…

   以前、原発再稼働の容認を示唆したとも取れる曖昧な発言で、ごく一部の話題となった司会の小倉智昭は、「地方の経済は原発に依存している地域もありますし、そういうことも含めて考えていかないとダメでしょうね」とだけ述べた。

   それにしても、言いたい放題のコメンテイター陣(番組EPGより)をそろえてるはずのこの番組にしては、回りくどい言い方ばかりだ。このまま原発を廃せよとか、原発を再稼働しろといったゼロ・イチな、明快な主張は聞かれなかった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中