あぶれ俳優の失対番組か!? 「山村サスペンス」元トレンディ女優ぞろぞろ

印刷

   <金曜プレステージ・山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル小京都連続殺人事件~スパイスは復讐の味~(フジテレビ系5月4日よる9時~)>久々に登場の浅野温子は昔のまんま。といっても容姿ではなく演技が。「あぶデカ」やトレンディドラマで主役を張っていた頃とみじんも変わっていない。何を演じてもTHE浅野温子。30年変わらないというのはある意味凄い。そんな浅野温子が主演する山村美紗サスペンスである。

   フードジャーナリスト円城椿(浅野温子)はカメラマン兼編集者の牧野忍(小泉孝太郎)と小京都の尾道・竹原の取材に出かけ、飲食チェーン大鷲フード副社長の大鷲誠二(吉村明宏)が殺されているのを発見する。腹部を刃物で2か所刺され、失血死だった――というように物語は始まる。主役の職業をフードジャーナリストにしたことで、その土地の観光名所だけでなくご当地グルメが自然なかたちで登場し、推理モノでありながら、旅番組の要素も兼ね備えたお得感のあるドラマに仕上がっていた。

アラフィフ集めて韓国ドラマ視聴者呼び戻せ作戦

   俳優陣にも注目である。山村美紗ドラマ専属女優の山村紅葉を筆頭に、若林豪、国広富之、馬渕英俚可、石垣佑磨……。冒頭で殺された吉村明宏など、昔、バラエティ番組で和田アキ子のマネで「ハヒフヘホー」とやっていたあの吉村とは一瞬気づかなかったほど老けていた。やけにホリプロのタレントが多いと思ったら、番組の最後のテロップでその謎が解けた。制作著作・ホリプロとなっていた。連ドラの出演者は固定化してるし、こういう2時間ドラマでもなければ仕事にあぶれる俳優がぞろぞろいるということなのか。

   山村美紗サスペンスは今回から4週連続放送され、翌週以降もかたせ梨乃、名取裕子、浅野ゆう子のアラフィフ女優がそれぞれ主演する。いずれもかつて連ドラのヒロインを演じていた女優陣だ。彼女たちを起用したのも、大人の女性の視聴にも耐えうるドラマというアピールかもしれない。韓国ドラマに走ったアラフォー、アラフィフ、アラカン世代の視聴者を再び日本のドラマに呼び戻すことができるか? そんな試みもあるかもしれない。

   奇しくもTBSが同時期に「宮部みゆき 4週連続極上ミステリー」を放送する。「理由」「スナーク狩り」「長い長い殺人」「レベル7」、ベストセラー作品のドラマ化に期待は高まる。なんたって極上ミステリーですから。新旧ミステリーの女王ドラマ対決。果たしてどちらが視聴者に支持されるか。答えは4週間後にわかる。

(くろうさぎ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中