「食べる時間ダイエット」同じ量・カロリーでも時間ズラせば太らない

印刷

   NHK福岡局から参加した三輪秀香アナが伝える。「量もカロリーも変えずに、食べる時間を変えるだけで減量できるんです。体内の時計遺伝子の性格を知る事で、ダイエットから医療まで、効果的な方法が解ってきました。きょうは先輩アナの1か月におよぶ体を張ったダイエットの結果もお知らせします」

   同じ量、同じカロリーを摂っても、太る時間と太りにくい時間があるというのだ。太りにくい時間に食事をするようにすれば、我慢せずにダイエットができるはずである。

体重86・4キロの肥満アナで実験!1か月で2・5キロ減った

   福岡局のスポーツアナウンサーの道谷眞平は、32年前の入社時の体重は76キロ、3年前は98キロと100キロ目前となり、その後はダイエットとリバウンドの繰り返しで、現在の体重は86・4キロだ。食事は単身赴任のため朝食抜きが多く、その分、昼ご飯をたっぷり食べ、夕食はプロ野球中継が終わったあとに、反省会と称して、解説者らと深夜のドカ食いだった。

   有働由美子キャスター「道谷さんと飲んだ後でラーメンに2軒行って2杯食べた。絶対ノーは言わない付き合いのいい人なのよ」

   こんな道谷アナが「食べる時間ダイエット」を体験した1か月後、メタボ状態はどうなっていたか。体重は83・9キロと2・5キロ減り、ウエストも99・8センチから98・5センチに1・3センチ減った。

   道谷「カロリーの制限はしていませんし、ビールもいつもの通り。ただ屋台での飲みにケーションが減りました」

時間遺伝子BMAL1の活動が低い時に食事

   1か月でここまで効果を上げるた秘密はどこにあったのか。女子栄養大学の香川靖雄副学長が極意を教える。

「食べる量を変えずに時間を変える。それには鉄則の3項目を守ることです。(1)朝食をきちんととる(2)夕食は早めに食べ、夜9時以降は慎む(3)小腹が空いた夕方5~6時に夕食の半分を分食の3つです」

   道谷はこの1か月、朝8時30分に近くの定食屋で焼き魚定食に味噌汁ご飯もタップリ目。昼は社員食堂で和風ハンバーグ定食。夕方は野球中継のため球場の食堂でおにぎりと野菜サラダ。中継後に反省会で串カツ4本に野菜の煮物。ただし、チャーハンは避けた。1日のカロリーは実験前と後では約1960カロリーとほとんど変わっていない。

   三輪「大きく影響したのはBMAL1と呼ばれる時計遺伝子の働きなんです。BMAL1はエネルギーを脂肪としてため込む働きをしていて、朝10時から徐々に下がっていって、午後3時頃に最低となり、そこから一気に上昇して夜中の11時頃がピークになります。つまり、BMAL1の働きが低いときに食事をすれば太りにくいということになります」

   夜中に食べると太るというのは、時計遺伝子の働きからも明らかだったのだ。

   道谷「このまま食べる時間ダイエットを続けたいんですが、野球シーズンは難しいですかねえ」

   これにはスタジオ中が大ズッコケとなった。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中