「2012年人類滅亡説」マヤ暦間違ってた!6000年先まで大丈夫です

印刷

   「日本人で信じてる人はあまりいないかもしれませんが」と小倉智昭キャスターが切り出したのは、2012年をもって人類は滅亡する説である。かの神秘的で知的で千里眼的な古代文明マヤの暦が、なんともはや2012年で終わっているため、それはつまり人類の終わりをも意味しているとの解釈があるんである。これはハリウッド映画「2012」の題材にもなっている。

新たに見つかったカレンダー

   「欧米では、コレを真剣に信じてる人がいるんですよね」。オグラは対岸の騒ぎでも見る感じで薄笑い気味だったが、その実、日本でも2012年滅亡説はかなり流行っているらしい。笠井信輔アナは「ウチの子どもたちも『今年、滅亡するんだよね。お父さん、大丈夫!?』って言うんですよ」と証言した。

いい加減

   そんな人に朗報(?)だ。番組がSANKEI EXPRESSをもとに伝えるところでは、このほど中米グアテマラであらたに見つかった9世紀のマヤ文明最古のカレンダーを研究者グループが調べたところ、どうやらマヤ文明は7000年先までの世界を考えていたらしいという。差し引きして、あと6000年ぐらいは滅亡しないですむ計算になる。

   滅亡説といえば、ノストラダムスの大予言なるものが有名で、1999年に人類滅亡するはずであった。迷信キラー・オグラは「ノストラダムスの予言が外れたら、急にマヤが出てきた。割合いい加減なものじゃないか」と看破していた。この世で外れないものは、オグラの予言ぐらいであると肝に銘じよう。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中