密閉ラブホ「階段」「スプリンクラー」なく窓はベニヤ打ち付け

印刷

   広島県福山市内のホテルで13日早朝(2012年5月)に発生した火災で7人が亡くなった。スプリンクラーもなく、窓にベニヤ板が張られるなど、建物は逃げ場のないほぼ密閉状態で、死因は一酸化炭素中毒死とみられている。市消防局が立ち入り検査して改善指導したのはなんと9年前で、問題を認識しながら放置していた。

髪の毛燃え服ボロボロの従業員「起きて下さい!」

   現場はJR福山駅から約1キロ離れた住宅街だ。目撃した住民の話では、当時ホテルにいた従業員は75歳の1人だけ。髪の毛が燃え、服もボロボロに焼けたこの従業員が、大声で「起きて下さい。起きなさい」と叫んでいたという。そのうち男性がパンツ1枚、裸足で逃げ出してきたという。

法律変えて

   このホテルは50年前に木造2階建てのラブホテルとして建てられた。その後、隣接して鉄筋4階建てを増築。現在は「福山一の格安ホテル」を売り物に、ビジネス客の宿泊も受け入れていたらしい。焼失したのは木造2階建ての大部分で、ここには階段はなく、下に降りるには鉄筋4階建ての部屋の真ん中に2か所ある階段まで移動しなければならなかった。

   出火当時は9組の宿泊客がいたが、窓がない部屋や窓があってもベニヤ板が張ってありほぼ密閉状態のため逃げようがなかった。警察は亡くなった7人は一酸化炭素中毒死と見ている。

福山市消防局 去年秋に改善指導したまま確認せず

   なぜ防火対策の不備のまま営業を続けられたのか不可解だが、市は昨年9月にこのホテルの査察を行っている。その時に12項目のうち8項目の不適格を指摘し改善を求めたものの、その後に改善状態を確認していない。一方、市消防局は「建物の増加の影響もあって、9年間立ち入り検査をしていなかった」という。

   指導だけで強制力のない法律の不備が招いた大惨事ともいえ、司会の羽鳥慎一が「法律を変えた方がいい」と指摘したが、それ以上に問題なのは、改善しなかった経営者の杜撰さ。厳しく処罰すべきだろう。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中