リストラされて良かった!トム・ハンクス中年学生に戻って美人教師と出会い

印刷
(C)2011 Vendome International, LLC.  All Rights Reserved.
(C)2011 Vendome International, LLC. All Rights Reserved.

幸せの教室>大卒でないことを理由に、突然リストラされたラリー(トム・ハンクス)は、一念発起して再就職のために短期大学へ入学した。そこのスピーチ授業を担当するメルセデス(ジュリア・ロバーツ)は、結婚生活が破たんしてからアルコール中毒となり、人生に絶望していた。大学生活の中でさまざまな人々と出会い、充実した毎日を送り始めたラリーと触れ合う中で、メルセデスの心にも大きな変化が訪れる。トム・ハンクスが製作、監督、脚本、主演のすべてを手がけた。

貧乳呼ばわりにブチ切れるジュリア・ロバーツ相変わらずチャーミング

   突然訪れた逆境にめげず前に進もうと奮闘する中年男と、美人で教養もありながら、人生に迷っている女性教師が出会うことで、互いの運命は変わっていく。どこかで見たようなシナリオと思ったら、同じくトム・ハンクス主演の映画「ターミナル」が頭に浮かんだ。似ているのは、ラリーを取り巻くクラスメイトや隣人がみんないい人ばかりというあたりだ。ラリーは初めてスクーターに乗り、ツーリング仲間と出会う。友人の助言で服装や髪型までオシャレになっていく。

   「ターミナル」と違うのはヒロインだ。ピンヒールをはき、完璧主義で、常にクールを装っているが、夫からの貧乳呼ばわりにぶちギレたり、酔っ払って「アハハハ」とあの大きなお口を開けて笑う姿は、昔と変わらず実にチャーミングである。

   物語はラブストーリーというよりは、コメディに近いタッチで描かれていく。さすがに自分でつくったシナリオというだけあって、ラリーとメルセデスの細かいやりとりの中に、計算された笑いや感動が散りばめられており、幸せになれる映画である。ただ、もう少しクライマックスにかけてのパンチが欲しいと感じた。これだけが残念!

PEKO

おススメ度☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中