金環日食に動物反応なし…ズーラシア空振り。ニワトリだけコッコッ

印刷

   前の番組「ZIP!」が終わっても、画面が「スッキリ!!」にならない。ZIP!キャスターの山口達也らが「えっ、写ってる」 というところへ、「山口くん」と「スッキリ!!」の司会・加藤浩次の声が入った。「金環日食見ましたか」「見ました」「スタジオでしょ」「はい」「こっちは日本テレビの屋上でナマで見ましたよ」「エーッ、 うらやましい」

   ようやく「スッキリ!!」が始まっても、加藤「金環日食の瞬間だけ雲が切れた。幸せですねー」。キャスターのテリー伊藤も「新鮮ですよね」

   この日の東京は、雲が動いて太陽が切れ切れに見える状態だった。雲があっても何とか太陽は見える。時にはメガネなしでもリングが見えたりした。

和歌山からレポート「金環見ながらキンカン」

   日食そのものは群馬県の天文台が完璧に捉えていた。これを早送りで見せ、あとは賑やかにはしゃいでいるだけ。その筆頭が浅草に行ったレポーターの阿部祐二だ。日食が東京スカイツリーにかかって金環になるところを見たと大はしゃぎだ。

そのとき雲切れた

   間抜けだったのが東京上空を飛んでいたヘリだった。高度1000メートルで雲を抜けていたため、「金環日食はしっかりと見ました」という。加藤が「いまは?」と聞くと、「太陽が頭の上に来たので見られません。カメラは機体の下にあるもので」

   鹿児島・肝付町で迎えた馬場典子アナは、「きのうの午後4時には星が見えたのですが」と雨の中からのリポート。テリーが「かわいそうだね」

   青木源太アナは本州最南端の和歌山・串本町にいた。名勝の橋杭岩の真ん前で「金環をはっきり見ました」と名産のキンカンを食べてみせ、「金環見ながらキンカン」

木漏れ日観察は雲ではっきり写らず

   動物がどうなるかというので、大竹真レポーターは横浜の「ズーラシア」へ行ったが、金環日食というのは意外に明るく、動物の動きなし。日テレ前にも、アカカンガルー、ケープペンギン、ライオンなどを置いて、こちらは西村綾子レポーターがウォッチしたが、ニワトリがコッコッと鳴いただけ。

   残念だったのは、地上の木漏れ日が作るリングが雲のせいではっきりしなかったこと。穴の開いたボードをかざすと、たしかにリングはできたが、自然に揺れる木々の木漏れ日がリングになってキラキラを光るところは見られなかった。

   次の金環日食は2030年の北海道だそうだ。18年後、テリーは「生きてないかも」とやや弱気。加藤は「ボクは61歳だから見れますね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中