山下智久「ルート66旅」夜中に水飲みたくなって東京に電話

印刷

   タレントの山下智久(27) はアメリカ大陸横断のドキュメンタリーに挑み、今年はじめ(2012年)に日本テレビで流れたものがDVD「ルー ト66~たった1人のアメリカ」で発売になった。その発売記念イベントで、山下は「諦めないことって大事だなとか、旅で出会った人たちが言っていた一言一言、とにかくいい経験だった」と語った。

モニュメント・バレーではガーンとテンション上がった

   ルート66の地図が出て、西へ向 かってセントルイス、オクラホマ、サンタフェからロサンゼルスまで伸びていくと、キャスターのテリー伊藤は「いいなあ」。司会の加藤浩次も「したいなあ、こういう旅」という。

甘えてる

   画面には赤いトラックを走らせる山下。ヘリからの映像もあり、バイクのライダーとからんだり、カウボーイのまねごとも出てくる。モニュメント・バレーでは、ジョン・フォード以来おなじみの光景だが、山下は「ガーンとテンションが上がりました」という。夕暮れのモニュメント・バレーに1人たたずむイケメン。番組の珍キャラクター「ナゾの男」が「絵になりますね」

   友利新(医師)「かっこいい」

   テリー「男の夢だよね、ルート66走るのは」

   そのテリーに山下が「時間があればルート66をお勧めします」

国際通話で「現地スタッフに連絡とってくれ!」

   そこでクエスチョン。山下が「旅の2日目、セントルイスに宿泊した時なんですが、どうしても夜中に水が飲みたくなったが、スタッフの番号もどこに泊まっているかもわからない。 でも、何とか水を手に入れることができました。ボクはどんな行動をとったでしょうか」という。

   テリー「お巡りさんに聞いた」

   ナゾの男「近くにだれもいないということは…」

   テリー「東京を利用した」

   山下「そのとおり」

   山下は東京のマネージャーに「水がないんだ」と電話したのだった。「たのむ、 現地のスタッフさんに連絡とってくれって、お願いしました」

   加藤浩次「甘えてるな」

   テリー「甘えてる」

   山下「日本よりはるかに乾燥していて、水道の水飲もうかなって思ったんですけど、向こうって夜2時以降絶対どこも開いてないんです。水もそうですけど、マネージャーのありがた味もビシビシきました」

   テリーはそれより「楽しみな旅だね、これは」と気もそぞろ。「買いましたからDVD」

   バイクで行くつもりなら、早いうちがいいよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中