空き家になった実家―管理委託や解体いくらかかる?

印刷

   両親や親族が住まなくなった田舎の実家を処分したいという団塊世代が多いという。高橋さとみアナによると、「全国で空き家になった一戸建ては223万戸」もあり、これをどう管理管理するのか。売るか、貸すか、解体するのかと悩んでいるという。

   柳澤秀夫解説委員「僕は一人っ子だったし、両親は他界して実家は空き家ですが、仏壇も先祖の墓もあるし、実家をたたむつもりはないですね」

管理頼むと月3000~1万円

   横浜市在住の府金雅子さんの父・宏成さんは3年前に脳梗塞で倒れ、38年前に建てた秋田県の実家をそのままにして娘の住む横浜に移ってきた。雅子さんは空き家の実家のたたみ方に苦慮している。母・麗子さんは「お父さんの目の黒いうちは」と決断しかねている。

   千葉県の袴田精一さんは秋田県の空き家の管理を、地元の管理会社に月々3500円で依頼している。管理会社は月1回外回りからの点検を行う。郵便受けに詰まっているチラシを取り除き、窓やドアの施錠を確認して、庭の草取りを行う。家屋の傷や故障がないかも点検する。この日の点検で、雨どいの地上までの部分がなくなっていることがわかった。この外回り点検は、毎月報告書として送られてくる。料金は外回りのみで3000~5000円、カギを預けての室内管理なら5000~1万円が相場だという。

壊した後の更地は固定資産税2~6倍

   解体の場合はどうなのか。実はインターネットなどで解体のサポートする会社が多数紹介されている。仲介会社の杉山勝社長が具体的なアドバイスをする。「解体の見積もりは2社以上から、しかも仕事内容別の料金があること。『一式何十万円』という丼勘定は要注意ですね。解体の日程が決まったら、近所のあいさつ回りの時に、実際に作業する業者を同行するほうがいい」

   解体の相場は1坪当たり(木造)、関東では3~5万円、関西では2万5000~3万5000円だという。

   また、更地になった土地は、200平方メートル以内だと家が建てられていた時の6倍、200平方メートル以上は以前の2倍の固定資産税がかかる。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中