雨も寒さも我慢!スカイツリー1番乗り目指して徹夜行列

印刷

   東京スカイツリーと隣接する東京ソラマチ、すみだ水族館、プラネタリウムなど東京スカイツリータウンも22日(2012年5月)オープンした。早朝からあいにくの雨模様のうえ、気温15度という冬に逆戻りしたような肌寒さ。ところが待望のオープンとあって、徹夜組の行列ができた。

目当てはツリーよりソラマチ「ほしい限定ブランド」

   「家を出発してかれこれ24時間以上たちます」という若い女性がいる。予約制なので並ぶ必要がないはずなのに、行列は何のためなのか。前夜から徹夜で並んでいるという4人組の若い女性は「若槻千夏さんのブランドで限定のノベルティーがある。待っている以上の良さがあるので」。なるほど予約なしの東京ソラマチ狙いか。

行きますか

   緑色の全身タイツを着た男子2人がしゃがんでいる。手に入れた整理券は4、5番目で、スカイツリー1番乗り目指し駆け上がるのだという。「日刊スポーツ」紙の号外が配られていた。1面の見出しは「東京スカイツリータウン誕生」。

朝ワイド司会やキャスターがニアミス

   目立ったのは報道陣の多さ。近くにライバルのフジテレビ゜とくダネ!」の笠井信輔アナがいて、司会の羽鳥慎一が「笠井さ~ん」に呼び掛けると手を振ってこたえる。

   コメンテーターの舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「歴史的な1日なんですね。いま実感しました」

   羽鳥「どうですか、行きますか」

   清水宏保(スピードスケート金メダリスト)「行ってみたいけど、いますぐはちょっと」。 7月11日から当日券の発売が始まる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中