保護観察処分明けのリンジー・ローハン 相変わらずの乱痴気騒ぎ

印刷

   保護観察期間を終えたばかりのが、よからぬ連中とまた遊び回っているという。先日もハリウッドの個人宅で行われていたプライベートパーティに参加し、あまりの騒々しさに近所の住民が警察を呼ぶ騒ぎとなった。

   この日、リンジーはハリウッドのクラブで盛り上がった後、このパーティに参加。このパーティーにはパリス、パリスの弟のバロン・ヒルトン、石油王の孫ブランドン・デイヴィス、リンジーのレズビアン恋人と噂されるDJのサマンサ・ロンソンら、ゴシップとドラッグ臭にまみれた人々が参加していたという。

   パーティ三昧の生活からは足を洗うと誓ったはずのリンジーだが、まったく懲りていない。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中