スカイツリー風に弱かった!取り残された展望客「地上450メートル」で何してた?

印刷

   電車や飛行機などならともかく、エレベーターも強風で止まる――とは、なかなか思いもよらない。昨日22日(2012年5月)開業した東京スカイツリーで、450メートル地点の展望台「天望回廊」と350メートルの第一展望台を結ぶエレベーター2基が強風のために運転を停止した。今後ツリーに上る人は、天気だけでなく、風とエレベーターの心配もしなければならなくなった。

「下りたい」とむずる子ども。「帰りの飛行機に間に合わない!」

   昨日の運転停止は運営側による運転見合わせで、機械の故障などではないという。エレベーター内に取り残された人などはいなかったが、下の人は上に上れず、上の人は降りられず――。

非常食あるのかな

   「200人近い人が天望回廊に取り残された」と田中良幸リポーター。取り残された人の話を聞いたところ、「子どもがもう下りたいと声を上げたり、飛行機に間に合わないなどの声が飛びかう状態」だったという。

   番組司会の小倉智昭は「災害とかで一番上に取り残された場合、非常食とか用意してあるんだろうか」と、「天望回廊」が天空の孤島となる可能性を気にかけていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中