トランポリン「五輪メダル」最有力・伊藤正樹―実は高所恐怖症

印刷

   「東京スカイツリーに登ることなどさらさらない」という高所恐怖症の男が、ロンドン五輪で高さを武器にメダルを目指している。「週刊人物大辞典」コーナーで、トランポリンの日本代表に決まっている伊藤正樹選手(23)=金沢学院大クラブ所属=を取り上げた。

去年の世界選手権で銅メダル

   トランポリンは10回の跳躍の中で技を競う競技で、採点要素として、技の難しさを競う「難易度」、技のでき栄えを評価する「演技点」、飛んでいる滞空時間が長い「跳躍時間」の3つがある。さらに、跳躍で着地する際、ジャンピングゾーン(横1.08メートル、縦2.15メートル)と呼ばれる長方形の枠を少しでもはみ出すと減点だ。

私も…

   この競技は中国が強いが、昨年11月(2011年)の世界選手権は団体で日本が初の金メダルを獲得し、伊藤選手は個人の銅メダルをとった。

   伊藤がトランポリンを始めたのは3歳の時という。8歳の小学3年で早くも頭角をあらわし、史上最年少で全日本選手権に出場。この年に五輪強化指定選手に選ばれている。以来、トランポリン漬けの日々を送ってきた。願いはトランポリン競技を「メジャー競技にすること」だという。

   願いに近づくにはロンドン五輪でメダルを獲得することだが、「目標として言うなら最低限銅メダル、夢が叶うなら金メダルを取りたい」ときっぱり答えた。

高さが最大の武器なのに…怖い!

   伊藤の最大の武器は高さだ。「高さに関しては、他国の選手に負けないものを持っていると思う。高さだけは譲れない」と胸を張る。ところが、たいへんな高所恐怖症なのである。海外遠征で飛行機に乗っている間は汗だくで、観覧車が最も怖いという。

「トランポリンで跳ぶのは自分なので、どこに落ちるかも自分次第。だが、飛行機は『アレ、どうなっちゃうのかな』という恐怖がある」

   結構おてんば娘らしい司会の赤江珠緒が、「わかりますねえ、私も高所恐怖症ですが、屋根を歩けといわれると、自分では何とかなりそうなのです」

   ロンドン五輪のトランポリン競技は8月30日(現地時間)に行われる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中