大飯原発6月下旬再稼働―野田首相「私の責任でやる」

印刷

   政府は昨夜(2012年5月30日)、関西電力の大飯原子力発電所3、4号機の再稼働に関する4大臣会合を開き、野田首相は「関係自治体の一定の理解を得られたと認識している。立地自治体の判断が得られれば、4大臣会合で議論し最終的には私の責任で判断する」と、再稼働に踏み出した。司会のみのもんたは「責任は自分が取るといっても、どんな責任の取り方ができるのか」と言う。

橋下市長「フル稼働あり得ない。動かしたとしても期間限定」

   北川正恭(早稲田大学大学院教授)は「再稼働をさせるかどうかは地元首長や知事に権限がない。原発は国策として進めてきたことで、首相が決定するしかない。ただ、本当に責任を取るかどうかは別問題です」と話す。

山河もない

   4大臣会合の前に、2府5県2市で構成される関西広域連合が会合を開き、「再稼働については政府の暫定的な安全判断であることを前提に、限定的なものとして適切な判断を強く求める」と、事実上の再稼働容認を決めた。しかし、会合には参加していなかったが、大阪市の橋下市長は「フル稼働はあり得ない。仮に動かしたとしても期間限定は譲れない」と、再稼働を容認したわけではないと強調する。

また事故が起こったときに責任とるのは野田首相じゃない

   みの「暫定、暫定というけれど、いつまでが暫定なのか」

   金井辰樹(東京新聞政治部次長)「原子力規制庁設置問題も審議入りしたばかり。本当に設置されるかどうかもわからない。そうした中で、政府は本当に責任が取れるのか」

   小松成美(ノンフィクション作家)は「原発と活断層との問題もあります。活断層はなくならない。それを無視して再稼働させることは怖いことです」と言う。

   みの「僕は何回も福島に行った。国破れて山河ありというが、国破れて山河もないというのが福島の現状ですよ。原発に地震が来ないという保証はどこにもない。もしまた事故が起きたら、最終的な責任を取らされるのは私たち国民です」

   野田内閣は、7月2日の電力制限令発動のタイムリミット前、6月下旬に大飯原発再稼働というスケジュールで動いている。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中