2019年 6月 19日 (水)

菊地直子「愛の逃亡生活」?ふざけちゃ困る!サリン被害者はいまも苦悶

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   オウム真理教の元信徒の菊地直子容疑者(40)の逃亡生活から、残るもう1人の特別手配の高橋克也容疑者(54)の足取りが少しずつわかってきた。同時にさまざまな人間模様も見えてきた。

「寛人を愛するようになり、この生活を変えたくなかった」

   リポーターの所太郎が年表を示しながら、17年におよぶ菊地の逃亡生活を説明する。菊地と高橋は1996年11月に埼玉県所沢市のアパートから逃げ出す。2人は神奈川県の新横浜や川崎市のホテルなどを転々としていたが、01年ごろに川崎市のアパートで生活するようになった。アパートのオーナーによると、借主は「サクライ・シンヤ」。菊地の「櫻井千鶴子」と符合する。

謝罪まだない

   その生活が続いているなか、菊地は05年ごろ横浜市の会社で、菊地を匿ったとして逮捕された自称会社員の高橋寛人容疑者(41)と知り合い、やがて東京都町田市で同棲するようになる。菊地は高橋寛人に結婚を申し込まれたが、「オウムの菊地直子なので結婚できない」と断った。しかし、「寛人を愛するようになり、この生活を変えたくなかった」と語っている。10年ごろ神奈川県相模原市へ転居。そこで、今回の逮捕となった。

   この間、高橋克也は川崎市のアパートにずっと住み続けて、そのアパートを出たのは11年の暮れだった。実はこの3人、2年前に川崎のデパートで会って話をしていたという。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中