2024年 2月 22日 (木)

寛仁ひげ殿下「不良の魅力」酒もタバコも高校生からやってたよ

「酒もたばこも未成年の頃からやっていました」

   そんなことをテレビで平気でおっしゃる殿下だった。きのう6日(2012年6月)、多臓器不全で亡くなられた三笠宮家の長男、寛仁さまは型破りな皇族だった。

「アルコール依存症の三笠宮です。チクショーとやけ酒を飲んでしまう」

   愛称は「ひげの殿下」で、人柄も発言もざっくばらんだった。1977年4月1日、テレビ番組「徹子の部屋」に出演したことがある。黒柳徹子との対談で「高校生になってからは粋がるようになって、チンピラまがいのことをやっていた。タバコを吸うとかさ」

   黒柳「おいくつのときから?」

   寛仁「高校1年生くらい」

   黒柳「お酒は?」

   寛仁「お酒はもっと前から飲んでいたね」

   2007年には「アルコール依存症の三笠宮です」と自己紹介して会場から拍手を浴びた。その理由について、「昨年、一昨年から皇室典範の問題なんかにクビを突っ込んで、心痛や心労が重なるたびに、ええい、チクショーとやけ酒を飲んでしまうことがここ3年多くて…」と語っていた。

文   一ツ石
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中