大物男優の意外な短躯、モデル出身女優のびっくりデカ顔…生とイメージ大違い

印刷

   君はアンドロイドか。そう尋ねたくなるほど子供達のスタイルがいい。小学生の子供達と一緒に仕事をしているのだが、彼ら彼女を見ていると溜息が出てくる。たった20年ちょっと先に生まれただけなのに、ここまで人のスタイルって変わってきているのかと。なにより顔が小さい。ホントに手のひらに収まりそうな小ささ。そしてスラリと伸びた脚。ミニスカートやハーフパンツの衣装を着た子役たち。そこから伸びている脚が異常に長い。ひざ下がヒョロ~と長くそしてスラリと整っている。身長は男の子たちで165センチを越え、収録で会う度に彼らの背はグングンと伸びていく。顔は子供でも、立って話をしていると目線は同じ。端正な顔をしているため、妙にイケメンと話をしているような気分。ドキドキしてしまう日も近いかも、なんてニヤニヤ。

   そんな彼らのような子供達が増えると思うと、あと10年ぐらいもすれば日本の芸能界の平均身長がグンと伸びるかもしれない。

欠点をカバーする演技力の凄さ

「えっ!?」

   自分の中のイメージと眼の前にいらっしゃる姿とが一致せず衝撃が走ったのは、海外でも活躍している俳優さんとお会いした時だ。彼の身長が3センチ程度の低いヒールを履いた女性よりも低かったからである。彼の存在感の大きさや演技の素晴らしさを感じた瞬間だった。けれどそれ以来、彼が出演している作品を拝見する時は、カメラアングルに気をつけるようになってしまった。

   身長は高くても、スタイルやバランスに衝撃を受けることもある。170センチ以上の高身長にスタイル抜群という触れ込みで、モデルから女優に転身した方を局の入口で見かけたのだけれど、本人とはなかなか気付かなかった。あまりにも顔が大きくて別人かと思ってしまったのだ。あれ、さっきの人、○○さんだったんだ! 年齢的にも顔の大きさからも、女優に方向転換して大成功だなと妙に納得してしまった。

風のイタズラでスタイルの悪さバレてしまった女優さん

   少々毒のある話をしてしまい失礼極まりないが、最後にもうひとつ毒を。ある有名女優の写真集を見たモデルが言い放った一言だ。「よく事務所はOKしたよね。これじゃ日本人体型まるだしでスタイル悪いのが一目瞭然。写真は素晴らしいけど」

   その写真集はグラビアではなく、アート作品として作られたもの。1冊を通じて女優がもつ世界観とリンクする幻想的な作品になっている。モデルがけなした写真は、風がふく丘の上に女優が佇んでいる1枚。風がいじわるをするように、柔らかい素材のワンピースが巻き付き体のラインを浮き彫りにしている。その写真の女優はイメージとかけ離れ、驚くほどスタイルが悪い。毒舌モデル曰く、ファッションフォトでは、洋服が売れるようモデルのスタイルをよく見せる撮影している。その視点からは、信じられない写真だったらしい。

   テレビや映画、雑誌などで見ている時はステキだな~と思っていても、現実にお会いすると衝撃を受ける。だが、それをカバーするために各々が苦心し、また周辺スタッフがサポートしている。そもそもそんなものは弱みでもなく、コンプレックスでもないのだと。

   さて、そんな諸先輩の思いはどこ吹く風といったスタイルのよい子役たち。でもメディアに登場する人たちが全てアンドロイドのようないでたちでも気持ち悪い。さらなるダイエットや整形手術の功罪をまき散らす新たな火種になるような気もしてくるからだ。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中