2018年 7月 23日 (月)

またか!「死刑なりたかった。誰でもよかった」大阪ミナミ白昼通り魔殺人

印刷
「おばさん、危ないから早く逃げろと叫んだけど、間に合わなかった。自転車をUターンさせようとした瞬間、背後から刺された」

   きのう10日(2012年6月)、大阪・心斎橋で起きた通り魔殺人事件を目撃した通行人は恐怖の瞬間をこう語る。

5月下旬に新潟刑務所出所したばかり

   逮捕された礒飛京三容疑者(36)は、刃渡り18センチのキッチンナイフで音楽プロデューサー・南野信吾さんと大阪市内の60代とみられる女性を刺し殺した。礒飛は「人を殺してしまえば死刑になると思った」と供述している。井口成人リポーターが現場からリポートした。

惨いこと
「最初に南野さんを刺し、次に約40メートル離れた場所で中年女性を刺しました。その後、また南野さんの所に戻り、複数回刺したようです。2人とも喉や頬など十数か所を切られたり、刺されています。
容疑者は先月下旬に新潟刑務所を出所し、9日に大阪に来たそうです」

   礒飛の親族の一人は、「おとなしい子でいい子だった。まさかこんなことをするとは思わなかった」と語ったが、別の親族は「未成年の時に非行に走った。その時以来、あちこちに借金を作っていたようだ」と言う。

「凶悪犯罪抑止にならなくなってきた死刑」

   司会の羽鳥慎一「誰もが買い物を楽しむ日曜日の繁華街で、突然、凶行におよぶとは惨いことをする」

   青木理(ジャーナリスト)は「他人を殺せば自分は死刑になるという犯罪は2008年に土浦で、去年は渋谷のライブハウスにガソリンを撒いて放火するという事件が起きている。死刑は犯罪の抑止力になるという考え方もあるが、世界的に見ると少しも抑止力になっていない。死刑存続の是非について、改めて考え直す必要がある」と解説した。

   「死刑になりたい」なんていうのは、どうせ口から出まかせだ。刑務所で刑期をつとめたとといても、もともとこうした犯罪を重ねている人間の再犯率は高い。とくに、出所直後の職なし、家なしのときは危ない。出所者の監視を強化する必要があるだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中